We use cookies to understand how you use our site and to improve your experience. This includes personalizing content and advertising. By continuing to use our site, you accept our use of Cookies, Privacy Policy Term of use.
Video Player is loading.
Current Time 0:00
Duration -:-
Loaded: 0%
Stream Type LIVE
Remaining Time 0:00
 
1x
71 views • September 2, 2021

〈EP5〉第四章 革命の輸出(1)〈共産主義幽霊が世界を支配している〉

共産党の独裁政治はナチスと比較されることが多い。もちろん酷似している部分もあるが、決定的に異なる点がある。ナチスの目的は、ユダヤ人の根絶だったが、共産党の目的は肉体的な殺戮を超えたものである。 神を信じる人々にとって、肉体の死は本当の死ではない。人間の魂は天国に昇ったり、再びこの世に転生したりする。共産党は虐殺という手段で人々の心に恐怖を植えつけ、邪悪なイデオロギーを押し付ける。 人々の道徳を堕落させ、最終的に彼らを地獄へと突き落とす。共産党は人間の肉体だけではなく、魂をも破壊しようとしているのだ。共産党の特徴は内部闘争の激しさと、その過程で最も残虐なリーダーが選ばれることである。野蛮で常軌を逸した共産党の行為は一般人の理解を超えている。 時に共産党は非常に忠実なメンバーに対しても些細な事を理由に打倒し、残酷な罰を与える。その凶暴性の理由の一つは恐怖である。共産党は神と人類に反逆しているため、常に消滅の危機にあることを本能で知っている。共産党は己を強化するために、道徳心を放棄した人間を見つけて補充する。 これらの人間は大虐殺の過程で優れた能力を発揮するため指導者へと上り詰める。共産邪霊は彼らをリーダーに据えこの世で独裁政権を維持するのである。
Show All
Comment 0