We use cookies to understand how you use our site and to improve your experience. This includes personalizing content and advertising. By continuing to use our site, you accept our use of Cookies, Privacy Policy Term of use.
Video Player is loading.
Current Time 0:00
Duration 0:00
Loaded: 0%
Stream Type LIVE
Remaining Time 0:00
 
1x
80 views • September 3, 2021

〈EP6〉第四章 革命の輸出(2)〈共産主義幽霊が世界を支配している〉

文革期、中共が何度も掲げたスローガンは、マルクスの言葉である。「無産階級自身を解放するには、まず全人類を解放することだ」 中共は世界革命を主張した。1960年代 縮小期を迎えたソビエトは、世界革命を抑える必要があった。その目的は 欧米の資本主義国と平和的に共存し、発展途上国への革命支援を減らすことだった。中共はその政策を“修正主義だ”と非難した。1960年代初め 中共の王稼祥が同様の政策を提案したが、毛沢東は帝国主義者 修正主義者 反動主義者と批判し、世界革命運動に非協力的だと一蹴した。毛はアジアだけでなく南米やアフリカへも革命を輸出し、ソビエトと争った。
Show All
Comment 0