We use cookies to understand how you use our site and to improve your experience. This includes personalizing content and advertising. By continuing to use our site, you accept our use of Cookies, Privacy Policy Term of use.
Video Player is loading.
Current Time 0:00
Duration -:-
Loaded: 0%
Stream Type LIVE
Remaining Time 0:00
 
1x
109 views • November 8, 2021

【新聞看点】曹植の七歩詩を投稿した意図は?

豆を煮て持て羹と作し 鼓を漉して以て汁と為す 萁は釜下に在りて燃え 豆は釜中に在りて泣く 本同根より生ずるに 相煎ること何ぞ太だ急なると 曹植のこの「七歩詩」は、中国ではよく知られています。曹操の長男である曹丕は、妾の子である曹植の武や文の才能を妬み、「七歩以内に詩を書け、さもなくば処刑する」と要求しました。この詩は、頭の回転が速かった曹植が兄弟の共食いの悲しさを比喩して七歩以内で詠んだものです。 しかし、驚くべきことに、外国人で有名なテスラ社のCEOであるイーロン・マスク氏もこの詩を知っていて、11月1日に中国語でツイートしました。マスク氏はツイートの前に、英語の「人間性」を詩のタイトルにしました。その後、マスク氏からの説明はなく、テスラ社はメディアからのコメント要請にも応じませんでした。
Show All
Comment 0