We use cookies to understand how you use our site and to improve your experience. This includes personalizing content and advertising. By continuing to use our site, you accept our use of Cookies, Privacy Policy Term of use.
Video Player is loading.
Current Time 0:00
Duration -:-
Loaded: 0%
Stream Type LIVE
Remaining Time 0:00
 
1x
128 views • November 9, 2021

【新聞看点】六中全会直前! 中共の頻繁な動き、台湾海峡開戦の兆候か? 多くの都市で米や油を買い占め、市民が「大出動」開戦前の準備を呼びかけて虚勢を張る  11日以降には落ち着く?

11月3日、中国共産党(中共)軍は4日間の南シナ海での軍事訓練を終えたばかりですが、4日からまた1週間の東シナ海での実弾訓練を開始しました。 アリババに買収された香港の「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」紙は3日、中共軍の訓練は「目的が強い」と伝えました。東シナ海での演習は、日米合同軍事演習に対抗するためのものではなく、「北京の領土防衛への決意と能力を示すため」だというのです。 同紙は、中共の軍事コラムニスト、宋中平氏の話を引用して、中共軍による“現在の各海域における軍事演習は、台湾海峡情勢と密接な関係があり、実質的には戦争の準備をしている”と報じました。
Comment 0