Nós utilizamos cookies para entender como você usa nosso site e para melhorar sua experiência. Isso inclui a personalização de conteúdo e publicidade. Ao continuar a usar nosso site, você aceita nosso uso de cookies, política de Privacidade e termos de Uso. Cookies, Privacy Policy Term of use.
Video Player is loading.
Current Time 0:00
Duration 0:00
Loaded: 0%
Stream Type LIVE
Remaining Time 0:00
 
1x
362 views • May 25, 2022
video privacyUnlisted

【米国思想リーダー】中共指導者たちは「臓器販売業者だ」 =元国務省次官補のロバート・ デストロ氏へのインタビュー(パートI)

現在、中国では3つのジェノサイドが進行中である。ウイグル人、チベット人、そして法輪功学習者に対する迫害だ。恣意的な誘拐、収容所への送還、強制労働、臓器狩りなど、人権侵害の形式は広範囲に及ぶ。特定のコミュニティーをターゲットにした迫害は、その民族、文化、あるいは信仰を絶滅させようとする巨大で長期的な試みである。米国を含む自由社会の国々は、このまま中国共産党とビジネスを続けるべきなのか。なぜ国際社会は中国の人権問題に甘いのか。カトリック大学法学教授で元国務省次官補のロバート・デストロ氏に話を聞いた。
Comment 0