We use cookies to understand how you use our site and to improve your experience. This includes personalizing content and advertising. By continuing to use our site, you accept our use of Cookies, revised Privacy Policy and Terms of Use.
  • 2 views
  • Edit

中国で深刻な水害 被災地は物資届かず食糧不足

2019-07-20 14:47
被災地は物資届かず食糧不足 7月以降、中国の江西省、湖南省などでは豪雨が続き、深刻な水害が発生しています。うち、江西省瑞金市では九堡鎮だけでも10人以上が死亡していますが、政府は隠蔽しています。19日で水害発生から6日目を迎えましたが、地元住民は街の中は依然としてゴミだらけで、救援物資が届かず、被災者らはお腹をすかしていると話しています。 7月14日、江西省贛州市(かんしゅうし)の県級市である瑞金(ずいきん)市で水害が発生し、多くの街が水没しました。ネット上では、ダムの決壊や放水が原因との情報も伝えられています。 瑞金市九堡鎮の村民が19日、新唐人に伝えた情報によると、当日午前3時、山津波が発生し、猛烈な勢いで洪水が押し寄せ、4メートル以上のところまで浸水しました。しかし、政府による避難勧告などはなく、災害発生後は救援物資や食料も届かず、被災者らは友人やボランティアに頼るしかなかったといいます。 江西瑞金市九堡鎮村民 鐘さん 「豪雨によって山津波が発生した。そのうえ、小型ダム2つが決壊し、家屋が多く倒壊し、損失が甚大だ。今、家の中を整理しているが、涙が溢れ出た。我々被災者は皆破産だ。こちらでは10〜20人ほど死亡した。官職を失うのを恐れて、政府は報道させない」 地元住民によると、九堡鎮ではその後水道と電気は復旧したものの、救援物資が不足しているため、農村部では食糧不足で多くの住民がお腹をすかしています。しかし、メディアによる詳しい報道はないとのことです。 江西瑞金市九堡鎮自営業者 鐘さん 「全ての家電製品が水に浸かり、家財のほとんどが壊れた。店を開いている自営業者は損失が大きい。ゴミの処理も終わっていない。救援物資が足りず、米などは今、お金があっても買えない。交通もまだ復旧していない。村の6つの橋が流されたので、体で物資を運ぶしかない」 珠江や長江流域では最近、豪雨によって深刻な水害が発生しています。中国メディアの14日の報道によると、中国では377の河川が警戒水位を超え、湖南省最大の川、湘江(しょうこう)では7月10日、堤防の決壊が多数発生しました。また、江西省、湖南省、広東省,広西省、浙江省、貴州省などで深刻な洪水が発生し、多くの街が水没していますが、官製メディアによる詳しい報道はなく、実際の被災状況は知る由もありません。