เราใช้คุกกี้เพื่อทำความเข้าใจว่าคุณใช้ไซต์ของเราอย่างไรและเพื่อปรับปรุงประสบการณ์ของคุณ ซึ่งรวมถึงการปรับแต่งเนื้อหาและการโฆษณาในแบบของคุณ การใช้เว็บไซต์ของเราต่อไปแสดงว่าคุณยอมรับการใช้งานของเรา Cookies, Privacy Policy Term of use.
Video Player is loading.
Current Time 0:00
Duration 0:00
Loaded: 0%
Stream Type LIVE
Remaining Time 0:00
 
1x
330 views • June 22, 2021

【橫河觀點】中共高官が亡命する理由

米メディアが、米国に亡命した中国共産党(中共)の高官が国家安全部の副部長董経緯氏であることを明らかにした後、中共中央政法委員会のSNSアカウント「長安剣」 は「董経緯氏が中国国内で座談会を主宰した」という文章を掲載しました。一体、亡命者はいるのでしょうか、誰が嘘をついているのでしょうか。本当だったら、中共への影響力はどのくらいでしょうか。 ウイルスの起源について、なぜこの時期、米政府、科学界、メディアが手のひらを返したように一斉に方向転換したのは、亡命者が提供した情報と何か関係がありますか。 なぜ亡命したのでしょうか。恐らく習近平氏の粛清運動と関係があると思います。第1期における反腐敗は、中共の支配を守るためであり、党内の合意を得ていました。しかし、第2期に入ってから、多くは政治的不忠誠を名目にし、粛清しました。政法委員会は習近平氏と長期的に折り合いが悪くなっていました。去年から、習氏は刃を内側に向け、粛清の重要な対象は、政法委員会になっています。官僚は今日まだ会議を主宰しているのに、明日は取り調べの対象になっているというのはよくあることです。このような不確実性は官僚に不安と動揺をもたらしました。
Show All
Comment 0