We use cookies to understand how you use our site and to improve your experience. This includes personalizing content and advertising. By continuing to use our site, you accept our use of Cookies, Privacy Policy Term of use.
Video Player is loading.
Current Time 0:00
Duration -:-
Loaded: 0%
Stream Type LIVE
Remaining Time 0:00
 
1x
35 views • July 10, 2021

【遠見快評】 厳罰免れない?中共のタブー触れた「滴滴」 官製メディアまで台湾攻略記事の掲載 本気か?

4日前には、ニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場したばかりの配車サービス国内最大手、「滴滴出行」(ディディ)に手を出しました。そのプロセスは昨年にジャック・マー氏のアリババ傘下の金融会社アント・グループの米国上場を阻止した時と酷似しています。この事件は再び中国本土の政商界を揺るがし、国政的にも注目を集めています。 中共創立100周年行事で習氏が「台湾統一」と発言した同じ日に、中国の有名軍事雑誌「艦船知識」が具体的な台湾攻撃シナリオを動画付きで紹介しました。 しかし、私からすれば、この記事には実用的な意味がないように思います。この記事をまとめれば、とにかく大量のミサイルやロケットで台湾の戦闘力をほぼ破壊し、中共軍が堂々と上陸して後片付けをするという話です。
Show All
Comment 0