We use cookies to understand how you use our site and to improve your experience. This includes personalizing content and advertising. By continuing to use our site, you accept our use of Cookies, Privacy Policy Term of use.
Video Player is loading.
Current Time 0:00
Duration 0:00
Loaded: 0%
Stream Type LIVE
Remaining Time 0:00
 
1x
280 views • January 1, 2022

【米国思想リーダー】中共指導者たちは「臓器販売業者だ」 =元国務省次官補のロバート・ デストロ氏へのインタビュー(パートI)

現在、中国では3つのジェノサイドが進行中である。ウイグル人、チベット人、そして法輪功学習者に対する迫害だ。恣意的な誘拐、収容所への送還、強制労働、臓器狩りなど、人権侵害の形式は広範囲に及ぶ。特定のコミュニティーをターゲットにした迫害は、その民族、文化、あるいは信仰を絶滅させようとする巨大で長期的な試みである。米国を含む自由社会の国々は、このまま中国共産党とビジネスを続けるべきなのか。なぜ国際社会は中国の人権問題に甘いのか。カトリック大学法学教授で元国務省次官補のロバート・デストロ氏に話を聞いた。
Comment 0