We use cookies to understand how you use our site and to improve your experience. This includes personalizing content and advertising. By continuing to use our site, you accept our use of Cookies, revised Privacy Policy and Terms of Use.
  • 0 views
  • Edit

米税関で中国からの肉製品10トン押収

2019-02-22 15:23
米税関で中国からの肉製品10トン押収 アメリカ・ニューヨークの税関で近日、10トンを超える中国からの肉製品を押収しました。 アメリカ合衆国税関・国境警備局CBP(U. S. Customs and Border Protection, CBP)によると、ニューヨークのニューアーク港の税関で、旧暦新年期間中、中国からの貨物23ロットの中から、10トンを超える違法肉製品を押収しました。公表された写真には、中国人にとって馴染みのある麺類などの食品が多数入っています。 CBPによると、これらの肉製品がアメリカ国内に入った場合、農業や経済にダメージを与える可能性があり、一旦動物がウイルスに感染すると、公共健康にダメージを与えるだけでなく、国際貿易の停滞を招き、食料品の供給まで影響を受ける可能性があるとしています。 さらに、中国国内で現在猛威をふるっているアフリカ豚コレラのウイルスは、豚の間で感染確率が非常に高いウイルスであり、肉類やゴミの中でも生存が可能なため、焼却または蒸気加熱処理をしない限り、ウイルスはアメリカ国内に流入する可能性があるとのことです。