We use cookies to understand how you use our site and to improve your experience. This includes personalizing content and advertising. By continuing to use our site, you accept our use of Cookies, revised Privacy Policy and Terms of Use.
  • 8 views
  • Edit

江蘇省化学工場の大規模爆発 当局の野放しが原因?

2019-03-23 16:11
21日午後、江蘇省の化学工場で大規模な爆発が発生しました。当局の発表では22日夜までに、62人が死亡し、28人が行方不明、数百人が負傷したとの事ですが、実際の死傷者数は知る由がありません。事故発生後の周辺の汚染が懸念されているいっぽう、問題企業に対する当局の野放しと安全管理上の不備が事故の原因であると指摘されています。 21日午後2時48分、江蘇省塩城市の陳家港工業団地にある化学工場で、大規模爆発がありました。2回の爆発音と共にあたりは火の海となり、黒い煙が立ち上りました。 火は爆発から28時間後に消し止められましたが、事故現場の様子は、2015年天津で発生した大規模爆発の現場とよく似ています。 事故現場から半径数百メートルの所には住宅地があり、爆風で住宅や店舗の窓枠が吹き飛び、町中にガラスの破片が散乱しています。 航空から撮影した映像によると、爆発の現場には大きな穴ができ、化学物質で汚染された水が溜まっています。地元住民によると、爆発発生後周辺では強烈な刺激臭が漂っていたとのことです。 また、爆発の当時、中国地震台網はマグニチュード2.2とマグニチュード3の二回の地震を観測しました。 江蘇省塩城市住民 周さん 「窓ガラスが全部割れている。二回の爆発音と大きなキノコ雲が見え、原爆のような音だった。工場にいた人はほぼ全員死んでいる」 江蘇省塩城市住民 李さん 「爆発音がした時、外を見たらこの子グモが上がっていたので、避難した。状況はよくわからない」 当局の発表では、22日夜までに死亡者数は62人となり、28人が行方不明、60人が重傷だそうです。工業団地の16の企業が被害を受けているとのことです。 江蘇省塩城市住民 周さん 「現在情報はすべて封鎖されている。死傷者数は人から聞いた。こちらでは情報封鎖され、実際の数字はまだわからない」 陳家港化学工業団地は、江蘇省の重要な工業団地の一つです。今回爆発事故が発生した天嘉宜化学工場では農薬を作っていて、農薬の原料のベンゼンが爆発したとのことです。ベンゼンには発がん性があると言われています。 地元住民、李さんは取材を受けた際、陳家港に長年住んでいるが、事故は今回が初めてではないと述べました。 江蘇省塩城市住民 李さん 「2011年にも爆発があった。今回再度爆発が発生し、怖くて家に居られない。隣近所も皆避難した」 2011年2月11日にも爆発があり、当時近隣住民が毒ガスが漏れていると通報しましたが、官製メディア「中央テレビ」は、デマであると報じました。 「昨日午前、地元響水政府が明らかにしたが、陳家港鎮の工業団地で爆発があり、毒ガスの漏れがあったというのはデマである」 大型事故が発生するたびに、死亡者数を捏造し、ネット上の情報をデマであると片付ける中国のメデイアに対し、海外のネットユーザーは「中国には責任感のあるメディアはないのか」と首をかしげます。 報道によると、天嘉宜化学工場は水の汚染問題と13項目の安全管理リスクが原因で、ここ3年のうち、6回も生産停止の処分を受けていました。昨年8月に改善報告書を提出し、生産を再開しましたが、その際地元市政府共産党委員会の書記が工場を視察したとのことです。 江蘇省塩城市住民 周さん 「去年は環境保護の規制が厳しく、生産停止になっていたが、今年再開になった。こちらではあの匂いがきつくて夜になると耐えられない。ここは海に近いが、汚染が深刻で、魚はもう食べられない」 ネットユーザーによると、化学工場の異臭などについて、住民らが何度も地元政府に通報しましたが、取り合ってもらえなかったそうです。化学工場はまるで時限爆弾のようで、爆発は時間の問題だったといいます。 爆発事故発生後、当局の安全管理の不備が指摘されています。化学工場の毒ガス漏れが指摘されていたにも関わらず、措置を怠ったのが、今回の爆発の主な原因であると指摘されています。