We use cookies to understand how you use our site and to improve your experience. This includes personalizing content and advertising. By continuing to use our site, you accept our use of Cookies, revised Privacy Policy and Terms of Use.
  • 0 views
  • Edit

パリでも香港支持集会 親中派が妨害

2019-08-18 15:19
逃亡犯条例改正案をめぐり香港では抗議が続いていますが、海外でも声援活動が各地で行われています。16日と17日だけでも、世界の33都市で声援活動を行い、国際社会に香港への関心を呼びかけました。フランス・パリでは17日、声援集会が開かれ、18日のデモにエールを送りました。 記者 「香港の逃亡犯条例改正案に反対するデモは2か月以上続き、香港市民は政府に5つの要求への応えを求めている。本日パリのサン・ミシェルで集会が開かれ、参加者たちはパネルを持って、シュプレヒコールをあげている。しかし、中国国旗を掲げたグループも集まっている」 17日午後6時にパリのサン・ミシェルで集会が開かれました。パリ在住の香港人、台湾人の留学生や会社員などが集まり、香港政府に市民が掲げている5つの要求に応えるよう呼びかけました。 パリ在住香港人 霍さん 「我々は5つの要求を諦めない。香港政府はあまりにもひどい。しかもますます非人道的になっている。多くの基本的なこと、一国二制度の下で我々がもともと有していたものさえ、2047年まで保持できない。これは最も納得の行かないことであり、人々を失望させている」 パリ在住台湾人 何さん 「台湾でも多くのデモのチャンスがある。集会とデモの自由があるからだ。しかし今の香港では明らかにその自由がなくなっている。彼らはこの最も基本的な集会の権利を勝ち取ろうとしている。台湾はもちろん支持する。 香港の民主化を支持する一部中国人も、香港人にエールを送りました。 天安門事件で亡命した王龍蒙さん 「正義のために、自由と平等のために、我々は道義の側、つまり香港人側に立つ」 パリ在住の中国人 「1997年に香港が中国に返還された時、中国政府は一国二制度と普通選挙を約束した。だから彼らの要求は正当である」 集会が始まってまもなく、親中派中国人のグループが中国国旗を掲げ、中国国歌を歌いながら集会現場に突入しました。 パリ在住の芸術家 王さん 「中国共産党の長年の奴隷化教育と愚民政策のせいで、このような頭のおかしい人が多く作り出された。意外なのは彼らがパリでこれほど猖獗であり、民主主義社会で生活しながら、独裁政権を擁護するとは実にに哀れなことだ」